ママ時々助産師、所によって一時妻。稀に嫁
2013年春から鍼灸師。子供三人、oneママのつぶやき

助産師・育児のページ 育児相談の窓から 助産師

ママの顔 男の子の子育て 学校 学習

鍼灸・健康 鍼灸 健康 アンチエイジング 鍼灸学生

←one mamaプロフィール
<< 8月になった | main | まりもっこりが >>
0
    子育て相談 おっぱいの傷おっぱいのしこり 授乳期
    JUGEMテーマ:育児

    完全母乳で分泌がいいお母さん
    ところでおっぱいがよく出る人ほど乳腺炎の可能性も出てきます
    おっぱいが詰まってしこりが出来たり、
    おっぱいに傷が出来ていたいときにどうしたらいいでしょう

    今日はそんな相談への回答です

    ***************************

    こんにちは。
    大変でしたね。
    乳頭に傷が出来ていて、血液が混じると
    おっぱいが赤い色に見えます。
    傷があると吸われたときに痛いので、
    乳頭を保護して搾乳します。
    傷が治ってくると赤い色はなくなります。
    数日かかることもあります。
    傷の軟膏や馬油も使います

    乳腺炎は、乳汁が鬱滞しているときに
    乳頭の傷などから感染を起こすとなります。
    一つの乳管が詰まると、その先の乳腺全体が腫れます。
    たまっているおっぱいは、乳管を開いて
    しっかり排泄させましょう。
    乳頭の先を人差し指と親指の腹を合わせます。
    縦、横、斜めとまんべんなく押さえるように。(乳頭マッサージ)
    乳頭の先の詰まっている乳管が白斑のように見えます。(乳栓)
    更に乳頭マッサージを続けると、
    ニキビをしぼったようにぽんと乳栓がとれて、
    鬱滞していた乳汁がシャワーのように排泄されます。

    乳汁の鬱滞はカロリーの高すぎる食事、アルコール、
    お母さんの疲労、赤ちゃんの歪み飲みなど
    様々な原因がありますが、
    赤ちゃんが大きくなるにしたがって、
    吸う力が付いてくるので少なくなります。

    乳腺炎は、外科が専門です。
    乳腺炎手前の症状は助産師。
    近所に医療機関がないのなら、
    管轄の保健センターや保健所に問い合わせて、
    出張で来てくれる助産師、近くの助産院を
    聞いておくと安心です。

    | 育児相談の窓から | comments(0) | trackbacks(0) |
    0
      スポンサーサイト
      | - | - | - |









      url: http://onemama.jugem.jp/trackback/2848

      Design : danyumi (imagejack)
      (C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
      キャッシング