ママ時々助産師、所によって一時妻。稀に嫁
2013年春から鍼灸師。子供三人、oneママのつぶやき

助産師・育児のページ 育児相談の窓から 助産師

ママの顔 男の子の子育て 学校 学習

鍼灸・健康 鍼灸 健康 アンチエイジング 鍼灸学生

←one mamaプロフィール
<< おじぎ草は | main | 中目黒にバベルの塔 >>
0
    子育て相談 赤ちゃん言葉を使っていいの?9ヶ月
    赤ちゃん言葉を使うことにはさまざまな説があるようです

    **************************

    こんにちは。
    生まれてきた赤ちゃんは、お誕生の頃になると
    マンマとか、ブーブーとか意味のある言葉を話し始めます。
    言語を使用するのは、人間の特徴です。
    これをたった12ヶ月でやってのける赤ちゃんは、すごいです。
    言葉の獲得は、人とのかかわりを通して育っていきます。

    赤ちゃん言葉を使うと、
    車を見て、ブーブーと教えられて、赤ちゃんがブーブーと認識する。
    けれどもう少し大人になると、車はブーブーではなく、「くるま」と分かる。
    ここでもう一度認識を変えなくてはいけない。
    だから子どもには初めから「くるま」と教えたほうが混乱がなくてよい。
    赤ちゃん言葉を使わないほうが良いとする考えには
    大体こんな説明がなされています。
    英語圏には赤ちゃん言葉がないとも。

    本当に混乱するのでしょうか。

    赤ちゃんを大人と同じようにとらえたほうがいいのでしょうか。
    小さいもの、かわいいものを見ると、
    自然に赤ちゃん言葉で接して、赤ちゃんの片言や笑顔を見ながら
    自分自身も癒されていました。
    そして赤ちゃんの周りにいる大部分の大人たちが
    みんな自然に赤ちゃん言葉で接して、その赤ちゃんたちが大きくなったとき
    普通に言葉を獲得しているように思えます。
    大人の中で育った子は、大人びた言葉で話しますし、
    兄弟が多いと言葉遣いは影響を受けやすいです。

    また赤ちゃんにとっては、いいやすい擬音語を使って
    とにかくたくさん話すことが、言語の発達においてとてもよいと考えられています。
    口調の変化に対する意識調査では「赤ちゃん言葉になる」は40代で34.1%と最も多く、男性でも2割以上が使用すると回答しています。


    これから言葉を獲得していく9ヶ月の赤ちゃんを真ん中に、
    どういう子育てをしていったらいいのか、
    家族で考える良い機会かもしれませんね。
    JUGEMテーマ:育児


    | 育児相談の窓から | comments(0) | trackbacks(0) |
    0
      スポンサーサイト
      | - | - | - |









      url: http://onemama.jugem.jp/trackback/2865

      Design : danyumi (imagejack)
      (C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
      キャッシング