ママ時々助産師、所によって一時妻。稀に嫁
2013年春から鍼灸師。子供三人、oneママのつぶやき

助産師・育児のページ 育児相談の窓から 助産師

ママの顔 男の子の子育て 学校 学習

鍼灸・健康 鍼灸 健康 アンチエイジング 鍼灸学生

←one mamaプロフィール
0
    子育て相談 おむつかぶれ 2ヶ月
    澄まれたての赤ちゃんは、寝て起きて飲んではうんち、寝て起きて飲んではうんち
    この繰り返しになります
    うんちの回数も多いのでおむつかぶれになりやすいです

    *******************************************

    こんにちは
    生まれたての赤ちゃん相手に奮闘されてますね

    まず、一日10回のチョビチョビウンチ、これはごく普通のことです

    今は、母乳確立のために、赤ちゃんのリズムに合わせて、
    ちょこちょこ授乳するのがとても大切な時期ですから、
    この調子で頑張ってください

    おむつかぶれは、うんちのついた皮膚におしっこも混じって
    皮膚を刺激することが原因ですから
    おむつはまめに取り替えます

    お尻のケアは
    赤ちゃんによってはお尻拭きの成分に反応することもあるので
    気になるかぶれがあったら
    水だけのコットンに替えてみましょう

    お尻拭きで丁寧にごしごしふき取らず
    押さえるように拭きます

    お尻だけぬるま湯でさっぱりと洗う方が肌には優しいです

    皮膚の潤いがなくなって乾燥すると、皮膚が赤くなって、敏感になり、
    便の汚れや、拭くときの刺激でも
    荒れたり、切れたりしますので、保湿が必要です

    洗って、乾いた後、
    お尻にベビークリームや白色ワセリンなどを薄くつけてあげましょう
    皮膚の保湿、保護にもなりますし、
    塗っておくと、次のウンチも落としやすいです

    うんちの質と回数は
    成長と食べるものによって変わってきます
    下痢かどうかわからないと悩むお母さんには
    赤ちゃんの機嫌や顔色、食欲を見て元気かどうかで判断すると外れません



    JUGEMテーマ:育児


    | 育児相談の窓から | comments(0) | trackbacks(0) |
    0
      子育て相談 卒乳したいママ 2歳
      赤ちゃんはおっぱいで大きくなります
      成長に従って
      おっぱい以外の食べ物を口にし、やがておっぱいから卒業していきます
      卒業の時期はさまざまですが、
      お母さんがちょっと疲れ気味の相談では


      *********************************************

      こんにちは。
      これまで、順調に子育てを送ってらしたのですね。


      まず、食事の量の心配について

      このところ小食気味なのですね。
      ところで、一生のうちに一番食欲不振の年齢ってご存じですか?
      実は、満1才から1歳半頃なんです。
      0歳児はまるまる太った体型ですが、赤ちゃんから幼児体型に変化し、
      体重は増加が鈍り、必要カロリー量が減ります。
      食欲が落ちるのも不思議ではありません。
      ですから、食欲不振が当然だと考えて、
      食べることを強制してはいけません。
      お母さんは、お小言を言わず、
      むしろ自分で少しでも食べれらたら、大いにほめてあげましょう。

      夜泣き、授乳について

      夜だけのおっぱいというのも、ぐずつかないで寝る魔法の呪文のようで
      捨てがたいものはあります。
      ここ最近の流れでは、
      離乳食の完了が1才から1歳半ぐらいに
      断乳という強い言葉は使わず卒乳に
      おむつがとれる時期が2才から3才へ
      全体にとってもソフトになっています。
      夜のおっぱいしかり。もっと、ゆーったり考えてもいいです。
      でも、お母さんが疲れ気味の様子。
      頑張って母乳で育ててこられ、いよいよ卒業のようですね。

      母乳の分泌は、8〜9ヶ月以降は、徐々に減っていきます。
      吸われたら、分泌はありますが、
      今の時期は、体の栄養よりは、心の栄養の要素が大きいです。
      もう知恵付きもしっかりしてるので、やめるにはかなりの悪戦苦闘が予想されます。
      母子ともに体調のいい日にきっぱりとやめましょう。
      お子さんと約束してください。
      おっぱいは、もうばいばいね、この日から大人になるんだよね、と。
      イベント、儀式に仕立て上げてやめる日を盛り上げましょうか。
      カレンダーを日めくりするとか、
      シールを貼っていくとか。
      でもその儀式の日までは、おっぱいをあげながらいやみを言ったり、
      文句を一切言わずに
      ちゃんとおっぱいをあげましょうね。

      そうは言っても、やめるとなると3日から1週間ぐらいは、特に夜に手こずる覚悟を決めて、付き合ってあげてくださいやめた後、おっぱいが張ってくるようなら
      アイスノンで冷やしてください。決して搾りすぎないことです。

      我が家の末っ子は、2才8ヶ月までおっぱいっこでした。
      遊びに飽きたり、疲れたり、眠いと電車の中でも、来客中でも
      服をめくりあげてゴネゴネ。
      相当煩わしい気持ちでしたから、お母さんの気分、共感できます。
      子供が抵抗してぐずったり、泣くのも長い人生のほんの一時、
      そして夜のおっぱいがなくなると、いつしか朝まで驚くほどぐっすり寝てくれます。
      ファイト、お母さん。



      JUGEMテーマ:育児


      | 育児相談の窓から | comments(0) | trackbacks(0) |
      0
        子育て相談 赤ちゃんの夜泣きについて 1才頃
        JUGEMテーマ:育児


        電話育児相談の窓から
        今回は夜泣きについて
        タイトルには1才頃と書きましたが
        年齢の幅は結構広いです

        **********************************************************

         夜泣きの方はまだ続いていますか。

        夜泣きには、いくつか原因として考えられる事があります

        ・オムツが濡れている
        ・お腹が空いている
        ・のどが渇いた。
        ・かゆい
        ・暑い、寒い
        ・お腹が痛む
        ・日中の刺激が強すぎた
        ・日中の刺激が足りない

        これらの原因になりうるものを取り除いても、
        なおかつ泣くことをいわゆる「夜泣き」といいます。
        つまり、原因不明です。


        知恵が付いて、甘えも出てと説明されることが多いです。
        夜泣きの期間が長い子も短い子もいますが、
        平均的には、1ヶ月以上続くと思って 覚悟を決めましょう。
        時期が過ぎると、もとのようによく寝てくれます。
        延々と年単位で続くものではありません。

        白々夜明けが来るまで、抱っこしていないと泣くものですから、
        それはそれは、特に母親は
        自信を失い、不安になり、疲れます。
        外国の育児書をみると、
        耳栓でもして無視せよ、泣きたいから泣くのだなんて書いてあるものもあります。


        小手先のわざとしては、
        夜のお散歩、おんぶ、抱っこ、ドライブ。
        お風呂に心地よい疲労を促すほど、じっくり入る。
        おしゃぶり、添い寝、添い乳。
        かんのむしのお薬を飲ませてみてもいい。

        要は、この夜泣きとどう対峙し付き合っていくかです。

        そして、私は自然体がいいと思います。
        泣いている我が子を心配になり抱っこしてあやす。
        疲れてくると、自分自身だって泣きたくなる。
        時には、いつまでも泣きやまない赤ちゃんに対して
        怒りを感じることもあるでしょう。

        自分に正直に、泣きたいときは一緒に泣いていいし
        放り出して泣かせておきたいときはそれでもいいじゃないですか。
        疲れてきたら、パパに変わってもらって一晩ゆっくり寝てもいい。
        私たち母親は、みんなよく頑張っています。
        完璧なグレートマザーにならなくていいんです。
        精一杯やっているうちに、いつしか時は過ぎ
        気がつけば夜泣きはおさまっています。

        一緒に頑張っていきましょうね。
        | 育児相談の窓から | comments(0) | trackbacks(0) |
        0
          子育て相談 お母さんべったりに疲れちゃう 2歳の頃
          JUGEMテーマ:育児


          今回は離れたいのに離れられない
          ちょっとお母さんべったりに疲れてしまったママへの電話育児相談から

          ******************************************************************

          こんにちは。

          お母さんとお子さんの蜜月期が長く続いているようですね。

          もっと小さい頃は、それも嬉しい事だったと思います。

          お子さん自身も大きくなり、
          サークルなどでみる同年代のお子さんの中には、
          お母さんから飛び出して、活動範囲を広げているお子さんも
          たくさんいることでしょう。
          始終べったりされると、なんとなくお母さんが落ち着かなくなったり、
          疲れたりする事ってありますよね。

          何故、うちの子は他の子のように遊べないのかとか、
          もしかすると、精神的な問題があるのかとか、
          育て方を振り返って自信なくしたり、まよったり。


          私は、そうやって立ち止まったり、悩んだりすることが、
          子供を育てていく上で、とっても大事なことだと思っています。

          パーフェクトなグレートマザーはいない。

          そして、おぎゃあと生まれたその日から、子供は子供の人生を歩いているんです。
          お母さんの努力とか、がんばりとか、躾とか人生観に関係なく、
          子供は子供なんです。

          お子さんは、とっても慎重派。
          石橋をたたいて渡るタイプ。
          お母さんを安全基地にして、周りを見つめ行動するのです。
          これは、お母さんに対する絶対の信頼感があるから、成り立つんですよ。

          緊張感が増したり、怖いと思ったり、自信がないときに、
          とにかくお母さんに守られている安心感をベースに行動するんです。

          これは、精神的に結びつきが強い母子関係が成立していると言えます。

          お母さんは、うんと自信を持ってください。
          心の中で、「はなれろーはなれろー」と念じていると、
          その波動が逆に作用して、ますますべったりと言うこともしばしば。
          成長には、個人差があり、性格にも個人差があります。
          ちょーっと、煩わしいと思える母親べったりも、この先ずっと続くものではありませ
          ん。
          ある日子供が独立してしまうと、あっけらかんと淋しいくらいです。
          このべたべたの様子を日記にでも付けておいて、
          反抗期が来たら、見せてやるくらいの気分でいましょう。

          | 育児相談の窓から | comments(0) | trackbacks(0) |
          0
            子育て相談  かんしゃくの年頃 1歳半頃
            シェアブログ1341に投稿
            JUGEMテーマ:育児


            子育て 悩み
            今回は1歳半頃によくある、ママを悩ますかんしゃくについて

            毎日、お子さんに付き合って、頑張るママ
            私も恐怖の夏休みに入ると時としてイライラ満杯、
            そんな減点ママからのアドバイス


            2才頃になると、自分の思い通りにならないと、
            泣きわめいたり、地団駄踏んだり、寝転がって手足をばたばたさせることがありま

            自我が芽生えてきた現れです
            子どもは、こうした段階を経て次に発展していきます
            正直に言うとしつけは難しいですが、
            いつも泣けば何でも思い通りになると言う癖をつけすぎないことです

            子どもにとって、初めて接する最小の社会の単位は「家族」
            社会は、いつでも自分の要求通りには行きません

            家庭で守る規則は、あらかじめ決めておいて、
            家族で統一しましょう
            パパに育児の肩代わりが頼めなくても、
            愚痴を聞いてくれなくても、
            そこだけは話しあってくださいね

            それから
            良いお母さん像に捕らわれすぎず、自然体の「私」でいましょう
            ママだって、一人の欠点もある人間です
            当然ながらストレスもたまればイライラもします
            ママの感情を子どもにも分かるように伝えていいですよ
            伝え方を一工夫です

            何故、ママは今イライラするのか、
            お子さんに言葉で伝えましょう

            「お母さんは、それは落ち着かないからいやよ。」

            自分(ママ)を主体に「わたしは〜」と話します
            主体が私だから 機淵▲ぁ縫瓮奪察璽犬箸いい泙


            1歳半でも、何度も何度も話して聞かせる努力をおしまないで
            感情的になって、
            ヒステリックに怒ってみても、子どもには伝わらないです
            それはエネルギーの無駄
            省エネで行きましょう


            「何回言えば気が済むの、いい加減にして!」
            おっとっと
            これだと主体はあなた(お子さん)です
            あなたがキーキー泣く、
            あなたが言うこと聞かない

            このあなた言葉だと、お子さんを責める言い方になってしまうので
            素直に聞けなくなってしまいます

            わたしもしばしば失敗しますけど
            ちょっと頭の片隅においておくといいです

            ママだから、自分の感情を押し殺してでも
            子どもの要求に最大限応じなければいけない等という事はありません


            時には、知らん顔、
            悪いことは、その場で叱る、
            良いことは、その場でほめる、
            いつもは優しいママ、叱るときは厳しく、ワンショットで手短に

            そして時にはリフレッシュ

            他人の手にお子さんを預けて、
            束の間の休息をとりましょう

            自治体が後援するファミリーサポートセンターや、
            助け合いの会など

            使えるサービスは何でも利用して
            自分に先行投資してください
            明日の笑顔のために

            *********************************************************************
            私は助産師
            今はお産をとる仕事ではなく、育児奮戦中のお母さんと一緒に地域の中で仕事をしている
            先日育児相談の会場に行った時に
            そこでは電話育児相談もやっているけれど
            啓蒙活動が足りないためか余り相談がこないとのことだった

            そうなんだ
            でもきっと悩みを抱えてすっきりしたいママは潜在的にたくさんいるはず
            私も電話相談や健診のお手伝いをしているので
            ママたちのニーズをひしひし感じる

            そこでイライラしたり泣きそうなママたちは
            かつての私だったりする

            がんばってるよね、ママ
            大丈夫きっと乗り越えられるから
            でもつらい時は言っていいから
            私たちは全力で応援します

            いつも何度もそういい続ける
            | 育児相談の窓から | comments(0) | trackbacks(0) |
            <new | top | old>

            Design : danyumi (imagejack)
            (C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
            キャッシング